メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

登場から10年経っても誰も追いつけない! レーシングドライバーも脱帽する日産GT-Rの凄さとは

情報提供:カートップ

登場から10年経っても誰も追いつけない! レーシングドライバーも脱帽する日産GT-Rの凄さとは

当初はFRにすることも構想にあったという

 2007年に日産GT-Rが登場したとき、そのさまざまなスペックやディテールを知り驚きつつも羨ましさを感じもした。じつは登場から遡ること3〜4年、当時日産自動車の開発現場担当であった某氏から、次期GT-Rについて相談を受けたことがあった。氏曰く「FRにするかAWDにするか迷っている」と。

 R32〜34までスカイラインGT-RはAWDのスーパースポーツとして、モータースポーツシーンで大成功を収め席巻していた。2004年にBMWが5リッターV10エンジンで500馬力オーバーのM5を登場させた頃でもあり、エンジンのパワーウォーズは間違いなく500馬力以上の時代になるとされていた。

GT-R

 2002年まで生産されたR34型のスカイラインGT-Rは2.6リッターの直6ツインターボエンジンを搭載していたが、カタログ馬力は自主規制値の280馬力と低かった。R34型がスカイラインGT-Rの最終形としてアナウンスされていたが、日産の開発現場では次期スーパースポーツの検討をしていたということになる。そこでボクは「これからは500馬力が当たり前の時代になりますよ。2輪駆動でどうやってそれを有効に路面に伝えられるんですか?」と、FRのBMW M5が大馬力を持て余してじゃじゃ馬なハンドリングになってしまっていたことを例え話した。「それにモータースポーツだってAWDが圧倒的に有利だったのはGT-Rでわっかたでしょう」と。すると某氏は「ですよね……」と頷いていたのだった。

GT-R

 その後開発がどう進んだのかは知らない。FRもAWDも両方試作してテストしていると聞いたが、もし500馬力級のFRで登場したらうまくまとめられないだろうと予測していたのだ。そして迎えた2007年。東京モーターショーの会場でアンベイルされたR35型GT-Rからは「スカイライン」の名称が外され「日産GT-R」となって生まれ変わったというわけだ。

GT-R

 搭載エンジンは3.8リッターV6ツインターボで、最高出力は予想どおり500馬力級の480馬力。注目の駆動方式はAWDとなっていた。280馬力自主規制を破り500馬力より少し下げて登場させたのは、自工会への忖度だったのだろうか。理由として暑い夏でも標高が高く空気の薄い高所でも、いつでも確実に発揮できる馬力をカタログに表記したと解釈することで納得できた。

GT-R

 パワートレインレイアウトはフロントミッドシップにリヤトランスアクスル。前後50:50の重量配分を可能とする理想的なレイアウトで、かつ2ドアで4シーターというパッケージングに仕上げられている。そのディテールを知ったとき、「あ、やられた〜」と正直思った。

GT-R

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです