メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「オキュウ」忘れた日本人=与良正男

 参院選で自民党が獲得したのは57議席。3年前の前回並みだった。だが、もし51とか52とかだったらどうだったろうと考えてみる。

 それでも安倍晋三首相は公明党と合わせて与党で改選過半数を上回ったから勝利したと胸を張っただろう。ただし自民党の空気はかなり変わっていたと思う。

 安倍首相が自民党総裁に返り咲いて以降、これで自民党は国政選挙で6連勝とはいっても、仮にあと数議席減らしていたら、圧勝感は乏しく、党内には「安倍首相の圧勝神話はそろそろ限界。『ポスト安倍』を考えなくては」といった声が出てきただろう。

 実際、大接戦となった選挙区は多く、51や52もあり得た選挙だった。ところが前回並みに落ち着いた途端…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  5. 池袋暴走 高齢ドライバー対策の契機に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです