メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「オキュウ」忘れた日本人=与良正男

 参院選で自民党が獲得したのは57議席。3年前の前回並みだった。だが、もし51とか52とかだったらどうだったろうと考えてみる。

 それでも安倍晋三首相は公明党と合わせて与党で改選過半数を上回ったから勝利したと胸を張っただろう。ただし自民党の空気はかなり変わっていたと思う。

 安倍首相が自民党総裁に返り咲いて以降、これで自民党は国政選挙で6連勝とはいっても、仮にあと数議席減らしていたら、圧勝感は乏しく、党内には「安倍首相の圧勝神話はそろそろ限界。『ポスト安倍』を考えなくては」といった声が出てきただろう。

 実際、大接戦となった選挙区は多く、51や52もあり得た選挙だった。ところが前回並みに落ち着いた途端…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文933文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです