メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 法政大には学生の保護者の会である「後援会」がある。戦後焼け野原から再出発した大学を支えたのが保護者の会で、それ以来、活発な活動が各地で続いている。夏になると総長、理事、学部長が手分けして全国の後援会の会合に出席する。それは地方の文化を知る良い機会でもある。

 私は今年、鳥取県倉吉市で開催された会合に出席した。倉吉は江戸時代から絣織(かすりおり)で知られたところである。絣織はインド、ペルシャ、中国では古代から生産されていたようで、日本にも入ってきている。やがてインドネシアや琉球や東南アジア各地に広がり、14世紀には琉球で芭蕉布の絣織の生産が始まった。国産の絣織が本格的に地域産業として開花したのが江戸時代である。17世紀に麻の絣…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです