メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 福岡県民でありながら、恥ずかしいことに、最近までその人形浄瑠璃(文楽)一座の存在を知らなかった。2012年、福岡県内の市民有志によって結成された「筑前艶恋(つやこい)座」。現在は女性5人が所属し、人形遣いの技を磨いている。

 人形浄瑠璃は太夫(語り)、三味線、人形遣いが一体となった芸能。艶恋座の場合、三味線ではなく、福岡発祥の筑前琵琶を使う。座付き奏者の尾方蝶嘉(ちょうか)さ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです