メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顕彰碑

無医村に咲いた花 千葉から田野畑へ 医師夫婦の碑建立 /岩手

建立された「花笑みの碑」を案内する石原弘村長(右端)=岩手県田野畑村菅窪で

 無医村に赴任して地域医療に尽くし、村の青年たちとも交流を重ねた医師、将基面(しょうぎめん)誠さん(82)=千葉県木更津市在住=と45歳で亡くなった妻春代さんを顕彰する「花笑みの碑」が田野畑村菅窪に建立された。春代さんは梅の花が好きで、二人をモデルにした吉村昭(1927~2006年)の小説「梅の蕾(つぼみ)」の題名にもなった。碑には村を愛した夫婦にふさわしい、その梅の花が彫られている。

 千葉県がんセンターの婦人科医長だった将基面さんは82年4月、田野畑に赴任した。春代さんと3人の息子…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです