メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国子ども防災作文コンクール

テーマ「命を守るために何をすべきか」 9月30日まで募集 小中高校生の各世代対象 /東京

全国子ども防災作文コンクールの課題図書「ボクラはこうして戦う!!」。震災や土砂災害などに関する話が紹介されている

 防災や災害に対する青少年の思いをつづってもらうコンクール、第1回全国子ども防災作文コンクール(毎日新聞社後援、日本防災士会協力)が開かれる。実行委員会は「自然災害から命を守るために何をすべきか」をテーマにした作文を募集している。小学生から高校生の各世代が対象で、締め切りは9月30日(当日消印有効)。

 災害や防災について考えたことであれば、題名・内容は自由。地震や台風、土砂災害に遭った子どもたちの話をフィクションとしてまとめた課題図書「ボクラはこうして戦う!!」(1296円)の感想文でもよく、実行委は「作文を書く時の参考にもしてほしい」と話している。教育関係者や防災専門家らでつくる審査会で選考後、入賞者は11月下旬に発表する。各学年から1人選ばれる最優秀賞の受賞者は12月上旬、都内での表彰式に…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです