メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原田・原子力防災担当相

原発事故時利用の避難道路を視察 柏崎訪問 /新潟

桜井市長(左)から避難道路の状況の説明を受ける原田氏(右)=新潟県柏崎市女谷の綾子舞会館で

 原田義昭・原子力防災担当相が23日、東京電力柏崎刈羽原発が立地する柏崎市を訪れ、重大事故時に同原発から30キロ圏の鵜川・高柳地区の住民ら約2300人が利用する避難道路を視察した。24日には同原発や刈羽村などを視察する。

 原田氏は同市女谷の綾子舞会館で、桜井雅浩市長から説明を受けた。桜井市長は今年1月の降積雪時に、…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです