メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今日も天気で

長崎県で初の警戒レベル5=鮫島弘樹 /愛知

暖かく湿った空気が集まるところは大雨の危険度が高い(気象庁の天気図に作図

 今年も梅雨末期の大雨が九州地方を襲いました。20日には長崎県の対馬と五島列島に警戒レベルが最高の「5」に相当する大雨特別警報が出されました。大雨は翌21日には九州北部地方に移り、福岡県や佐賀県を中心に記録的な豪雨となりました。

 この大雨は東シナ海を北上した台風5号が大きく影響しました。台風は日本から離れて北上したため、台風本体の影響は少なかったのですが、台風に吹き込む暖かく湿った空気が九州に流れ込みました(図の(1))。そこに日本の南に控える太平洋高気圧の縁を回るように、暖かく湿った空気が流れ込み(…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです