メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

カモに粘着テープ、なぜ… /滋賀

くちばしをガムテープで縛られたカルガモ=滋賀県警提供

 なるほドリ 彦根市内で先日、くちばしを粘着テープで巻かれたカモが見つかったね。誰がどうして、そんなことをしたのだろう。鳥仲間として許せない。

 記者 犯人はまだ捕まっていないけれど、悪質ないたずらのようだよ。ハンターとして「新聞記者、銃をとる 新米猟師奮闘記」を隔週連載している執筆者だから分かることだけど、犯人はまず猟師ではないと思う。と、言うのも、今は狩猟シーズンでないので、この時期にカモを捕獲したことが見つかれば、苦労して取った狩猟免許は間違いなく取り上げられるからだよ。そもそも、猟師はシーズン中に生き物を捕って食べること、つまり命を「いただく」ことの意味を知っているから、生き物を苦しませることだけが目的と思われるこんな行為はしないね。このカモは思うように身動きが取れなかったので捕食もできず、発見されたときは衰弱し、逃げることもできなかったそうだよ。

 Q でも、カモは野生なんでしょ。野生のカモを捕獲するなんて簡単にできることなの?

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです