メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしQプラス

「ひまわりの会」ひきこもり支えて17年/下 親から離れて再出発 /福岡

市民にパソコンを教える井上さん(左)

 ひきこもりの若者と向き合うため、2002年夏に設立された福岡市博多区銀天町のNPO法人青少年サポートセンター「ひまわりの会」。今回はここで社会への復帰を目指す会員たちの姿を追った。【松田幸三】

 長崎県出身の井上恵介さん(45)は04年から他の会員とセンターの活動に参加。ひきこもりから抜け出そうとさまざまな経験をし、就職まであと一歩までこぎ着けた。

 井上さんは高校の時から自宅にひきこもっていたが、親の働きかけで「ひまわりの会」会長の村上友利(とも…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです