メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

あと1年 五輪もパラも射止める、イラン女子選手「多様性の象徴」

東京五輪・パラリンピック出場を目指すザハラ・ネマティ選手=東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場で、佐々木順一撮影

五輪まで366日、パラリンピックまで398日

 2020年東京五輪は24日で開幕まで1年となった。主会場として建設中の新国立競技場(東京都新宿区)は11月の完成に向け、約9割の工程を終えるなど施設整備は順調に進んでいる。大会中の混雑緩和に向けた大規模な実証実験や暑さ対策の具体的な検討も始まり、本番への準備は最終段階を迎えた。

 各競技のテスト大会が本格化しており、本番で運営に携わるスタッフによる円滑な競技運営の確認が進められている。チケットの販売も始まり、聖火リレーのルートも決まった。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです