メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

かんぽ不正、被害拡大 暴走助長、問われる体質

 かんぽ生命保険の不正販売問題が、底なしの様相を見せている。販売を担う郵便局員の間では、厳しいノルマを背景に強引な営業がまかり通っており、二重契約などの不正事案は膨大な数に達する見込みだ。半官半民のずさんなガバナンス(企業統治)が暴走を助長したとみられ、体質の抜本改革は急務と言える。【宮崎稔樹、加藤明子、杉山雄飛】

 「自分もだまされたのか」。二つの保険証券を手に、中部地方の男性(62)は不信を募らせている。

この記事は有料記事です。

残り2332文字(全文2537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです