メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

どうする日韓関係

政策アナリスト・石川和男氏

 韓国に対する日本政府の輸出規制強化が両国の対立に拍車をかけている。解決済みとされてきた元徴用工問題で、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じ、韓国政府が必要な措置を取らなかったことへの事実上の対抗措置とみられている。強まるばかりの非難の応酬はどこへ向かうのか、出口を探す手がかりはどこにあるのだろうか。

貿易管理の厳格化は不可欠 石川和男・政策アナリスト

 日本は7月4日、フッ化水素など3品目について、韓国向けの輸出手続きを簡略化する優遇措置を見直し、取…

この記事は有料記事です。

残り4318文字(全文4542文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです