メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

李鵬氏 90歳=中国元首相

1991年3月20日付の人民日報(海外版)に掲載された漢詩。右上から斜めに文字を拾っていくと李鵬氏が下野すれば、人民の憤りが収まるという意味の「李鵬下台平民憤」が読み取れる

「天安門」武力鎮圧主導

 23日の新華社通信によると、中国の趙紫陽、江沢民両指導部で首相を務めた李鵬(りほう)氏が22日午後11時11分(日本時間23日午前0時11分)、病気のため、北京で死去した。90歳だった。北京で民主化を求める学生らを武力鎮圧し、多数の死者を出した天安門事件(1989年)で強硬的な姿勢を崩さず、鎮圧につながる戒厳令を発令した。今年は事件から30年。真相究明を求める声が高まっていた。これで事件処理に関わった共産党指導者は事件後に総書記に抜てきされた江沢民氏を除き、死去したことになる。【北京・浦松丈二】

 上海市生まれ。共産党の革命根拠地だった陝西省延安で学び、旧ソ連への留学経験を生かしてエネルギー関連…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1221文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです