メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの選択

中小企業の今/上 技術、大企業に伝授 取引先、後継育成を手助け

自ら手がけた製品を見つめる岡野雅行さん=東京都墨田区で、柳沢亮撮影

 薄いステンレスのシートを独自の技術で巻き、極細の注射針を作り上げる。針の外径は0・18ミリ。その中を注射液が流れる。この、世界で一番細い「痛くない注射針」を大手医療機器メーカー・テルモと共同開発したのは、東京都墨田区で親子2代にわたって金属加工を営んできた岡野雅行さん(86)。下町の町工場が生んだ世界に誇る技術だ。

 最盛期には年商が8億円を超えた。今でも大企業向けに自動車や医療部品を製造し、黒字経営を続けている。…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです