メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

オリンピックと生涯スポーツ=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 2020年東京五輪のチケットの抽選結果が発表され、当落で一喜一憂されている方も多いことだろう。五輪は、一流選手を間近にみて楽しむだけでなく、選手に触発され、実際にスポーツをやり始める人もいることだろう。

 今、世界でこのスポーツの市場が大きくなっている。スポーツ庁が18年に発表した「新たなスポーツビジネス等の創出に向けた市場動向」では、12年に5・5兆円だった国内スポーツ市場を20年に10・9兆円、25年には15・2兆円へと成長させる戦略を立てている。

 スポーツ市場の中で野球やサッカー、ゴルフ等プロスポーツ観戦、いわゆる「見るスポーツ」の割合が大きいと思うだろうが、実際には、市民が日常的に通うフィットネスや地域クラブ、学生の放課後のクラブ活動などの「するスポーツ」市場のほうが大きい。さらに「見る・する」を支援する「支える」産業の割合が高い。道具や用品、雑誌、ゲーム販売や、観戦、合宿で訪問した際に観光するスポーツツーリズム等である。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです