メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第65回青少年読書感想文全国コンクール

本棚に夢を見た 作家・中島京子さん

作家の中島京子さん

 <読んで世界を広げる、書いて世界をつくる。>

 『小さいおうち』『長いお別れ』など、著作が次々と映画化されている作家の中島京子さん。子どもの頃から本に囲まれ、書くことが大好きだったという。「本がある環境で育ててもらい、恵まれていました」と語る。【出水奈美、写真・根岸基弘】

 中島さんの新作『夢見る帝国図書館』(文芸春秋)は、明治時代に日本で最初に作られた帝国図書館(東京・上野、現国立国会図書館国際子ども図書館)の歩みと、その図書館の歴史をたどる小説を書き始める女性、そして謎めいた年上の「喜和子さん」の人生が重層する長編小説。中島さんの本や図書館に対する愛がにじむ、優しい物語だ。

 そんな中島さんの、本との出会いは団地の子ども文庫だった。小さい頃に暮らした埼玉県和光市の団地には、…

この記事は有料記事です。

残り2962文字(全文3303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです