メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
本はともだち

共に読める一冊紹介 戦争の悲惨さ、親子で考えよう

この夏に親子で読みたい戦争を考える本

 ゆっくり本を読むことが増える夏休みは、戦争や平和について考えるいい機会でもある。戦後74年となり、戦争を体験した人から話を聞く機会は少なくなったが、本を通して戦争の悲惨さを伝えようと、今年も多くの本が出版されている。読み継がれてきた名作も併せて、この夏に親子で読みたい本を紹介する。

 「字のないはがき」(小学館)は、脚本家の故・向田邦子さんのエッセーを初めて絵本化した。終戦間近だった1945年4月、末の妹が田舎へ疎開することになる。いつもは怖い父親が「げんきな日は、はがきに まるをかいて、まいにち いちまいずつ ポストにいれなさい」と住所と宛名を書いたたくさんのはがきを手渡す。最初ははがきいっぱいに書かれた大きな丸が、段々と小さくなっていき--。病気になり帰ってきた妹を抱きしめ、父親が泣く場面が胸を打つ。絵本に登場する「妹」の向田和子さんが、作家の角田光代さんに文を依頼した。絵は西加奈子さんが担当し、3年がかりで完成した。

 「じいじが迷子になっちゃった--あなたへと続く家族と戦争の物語」(偕成社)は、中国残留孤児の父親の…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1423文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです