メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

ノンフィクションなど40冊「緑陰図書」推薦リスト 小中高校生夏休み向け

 夏休みの間、子どもたちに読書を楽しんでもらおうと、公益社団法人全国学校図書館協議会(東京都文京区)が、40冊の推薦図書リスト「緑陰図書」をホームページ(http://www.j-sla.or.jp/)で公開している。

 緑陰図書は、前年度に出版された新刊本の中から毎年、同協議会が小学校低学年▽同中学年▽同高学年▽中学校▽高校--の5部門各8冊を選ぶ。今回はノンフィクションが13冊を占めた。

 選ばれたのは、牛を飼う農家の子、ゆうなが、目の見えない子牛を懸命に世話する「ゆうなとスティービー」=ポプラ社、小学校低学年向け▽自分の名前が嫌な平太郎が父親に命名の理由を聞く「ぼくのなまえはへいたろう」=福音館書店、同中学年向け▽仕事で挫折し雲隠れした父を捜しに一人でイタリア・ローマに旅立つ「ぼく」を描いた「父とふたりのローマ」=銀の鈴社、同高学年向け▽広島平和記念資料館の生みの親、長岡省吾が廃…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです