メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

絵本を出版した科学館館長 なかたみちよさん(52) 天文の素晴らしさ知って

兵庫県伊丹市立こども文化科学館の館長、なかたみちよさん

 プラネタリウムや宇宙、ロケットについての展示が人気の兵庫県伊丹市立こども文化科学館の館長、なかたみちよさん(52)が、天文にまつわる2冊の絵本を出版した。48歳の時に絵本教室に通い始め、絵本出版という夢をかなえた原動力と、作品への思いを聞いた。【聞き手・御園生枝里】

 昨年5月に「くいしんぼうのおつきさま」(文研出版)、今年6月には「ほしぞらのきょうりゅうたち」(ひかりのくに、未来屋書店・アシーネで限定販売)を出版しました。

 科学館では春夏秋冬、七夕、クリスマスといった、さまざまなテーマでプラネタリウムの投影番組を用意しています。多くの番組は、職員が天文の知識にちなんだ物語を考え、パソコンで描いたイラストに動きや音楽などをプログラムして作ります。その経験が絵本作りにも生きています。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです