メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

絵本を出版した科学館館長 なかたみちよさん(52) 天文の素晴らしさ知って

兵庫県伊丹市立こども文化科学館の館長、なかたみちよさん

 プラネタリウムや宇宙、ロケットについての展示が人気の兵庫県伊丹市立こども文化科学館の館長、なかたみちよさん(52)が、天文にまつわる2冊の絵本を出版した。48歳の時に絵本教室に通い始め、絵本出版という夢をかなえた原動力と、作品への思いを聞いた。【聞き手・御園生枝里】

 昨年5月に「くいしんぼうのおつきさま」(文研出版)、今年6月には「ほしぞらのきょうりゅうたち」(ひかりのくに、未来屋書店・アシーネで限定販売)を出版しました。

 科学館では春夏秋冬、七夕、クリスマスといった、さまざまなテーマでプラネタリウムの投影番組を用意して…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです