メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレールート 日本ぐるり121日間(その1)

=梅村直承撮影

 東京五輪の聖火リレーは、来年3月26日から7月24日の開幕まで121日間(移動日の7日間を含む)で全47都道府県を巡る。全国市区町村の約半数にあたる857市区町村を約1万人のランナーがリレー。東北をはじめとした被災地なども回り、大会理念の「復興五輪」を世界に発信する。人々の思いをつないだ聖火は、開会式会場となる新国立競技場(東京都新宿区)で聖火台に点火される。

 聖火リレーは、東日本大震災後に東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉、広野両町)をスタート。岩手県では津波に耐えた陸前高田市の「奇跡の一本松」、宮城県は津波被害を乗り越えて営業を再開した南三陸町の「南三陸さんさん商店街」などを回る。阪神大震災の復興モニュメントのある神戸港(神戸市)や2016年熊本地震で被災して修復中の熊本城(熊本市)もルートに入った。

この記事は有料記事です。

残り2303文字(全文2685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです