メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

あと1年 メダルラッシュ、高まる期待

 2020年東京五輪は7月24日から8月9日まで17日間の日程で、史上最多の33競技、339種目が行われる。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日午前9時から日本戦が予定されているソフトボール(福島市)を皮切りにスタートする。

 金メダル第1号は、25日の射撃女子10メートルエアライフルで決まる。日本のメダル有望競技は全日程にバランス良く配置された。前半はお家芸の柔道でメダルラッシュが期待され、後半もレスリングなどに期待が懸かる。

 初日と最終日を除き、ほぼ連日20種目前後で決勝を実施。特に土、日は決勝種目が多く、8月2日の日曜日は陸上男子100メートルなど26種目、同8日の「スーパーサタデー」は野球やサッカー男子など最多30種目で決勝を予定している。16年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した陸上男子400メートルリレーは7日に決勝がある。

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです