メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

あと1年 メダルラッシュ、高まる期待

 2020年東京五輪は7月24日から8月9日まで17日間の日程で、史上最多の33競技、339種目が行われる。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日午前9時から日本戦が予定されているソフトボール(福島市)を皮切りにスタートする。

 金メダル第1号は、25日の射撃女子10メートルエアライフルで決まる。日本のメダル有望競技は全日程にバランス良く配置された。前半はお家芸の柔道でメダルラッシュが期待され、後半もレスリングなどに期待が懸かる。

 初日と最終日を除き、ほぼ連日20種目前後で決勝を実施。特に土、日は決勝種目が多く、8月2日の日曜日は陸上男子100メートルなど26種目、同8日の「スーパーサタデー」は野球やサッカー男子など最多30種目で決勝を予定している。16年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した陸上男子400メートルリレーは7日に決勝がある。

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです