メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・医療・健康

夏休みも目覚めスッキリ

良い目覚めにはよく眠ることが必要だ

 夏休みを迎え、子どもの生活リズムの乱れを心配する保護者は少なくないはず。1日を気持ちよく過ごせるよう、しっかり眠って、スッキリ目覚めさせるにはどうしたらいいのか。

 ●起きる時間一定に

 花火大会や祭りなど、夏休みは夜のイベントが多く、子どもたちの睡眠時間も短くなりがち。だが、睡眠について詳しい江戸川大睡眠研究所の福田一彦所長は「睡眠時間の短さは、眠りの深さや質では補えない。就寝時間が遅れても、起床時間はできるだけ守らせることが大切だ。起床時間がずれると、就寝時間もずれやすい。寝過ごしてもせいぜい1時間以内にとどめたい」と指摘する。日本は、世界的にも年齢を問わず睡眠時間が少ない。特に、子どもは1日1時間~1時間半も睡眠が足りていないとされる。

 日本同様、アジアの国でも睡眠不足の傾向が指摘されている。人種の違いよりも、室内照明に蛍光灯が普及す…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1285文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです