メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 健康格差研究の20年 まだ道半ば=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 認知症、うつ、転倒から腰・膝痛、高血圧や糖尿病まで、さまざまな疾患や不健康状態が少ない集団やまちに比べ2倍も多い集団やまちがある。そんな「健康格差」の研究を私が始めて20年になる。去る7月14日に、20年を振り返り今後を考えるシンポジウムが開かれた。

 1999年度に愛知県のあるまちで調査したところ、要介護認定者が低所得者では高所得者の約5倍も多いと出て驚いた。「要介護高齢者は低所得者層になぜ多いか--介護予防政策への示唆」との論文を2000年に公表した。

 留学先の英国では政府が対応を始めていた。基本的人権にも関わるからだ。日本社会も対策すべきだと思った…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです