メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本ハム5-2オリックス 日本ハム・金子、6回無安打無失点

【オリックス-日本ハム】6回を無安打無失点で4勝目を挙げた日本ハム・金子

 日本ハムの投打がかみ合い快勝。一回に中田、渡辺の連続適時二塁打で2点をあげ、二回に石井のソロで加点。先発・金子はコーナーを突く投球がさえ、6回を無安打無失点。オリックスは七回にモヤが2ランを放ったが、先発・田嶋が序盤に捕まった。

 古巣のオリックス相手に強烈な存在感を示した。日本ハムの先発・金子が、6回を無安打無失点と完璧に抑え4勝目を手にし「次回登板にもつながる投球」と充実感を漂わせた。

 7月6日以来の登板にも、違和感はなかった。とりわけ左打者へのチェンジアップがさえた。一回の立ち上がり、先頭・福田を二ゴロに打ち取ると3人で片付けて波に乗った。三回もチェンジアップを勝負球に小田、若月を連続三振。「本当はもうちょっと投げないといけなかったが、自分の事情で」と六回を限りに92球で降板したが、出塁を許したのは四球による2人だけだった。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです