メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 競泳メダル第1号 「かつお」松元、日本新で銀

男子200メートル自由形決勝、2位となった松元=いずれも宮武祐希撮影

 水泳の世界選手権第12日は23日、韓国・光州で行われ、男子200メートル自由形決勝で松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒22の日本新記録で銀メダルを獲得した。松元は萩野公介(ブリヂストン)が2014年9月に作った記録を0秒01上回った。この種目でメダルを獲得するのは五輪、世界選手権を通じ日本勢で初めて。今大会の日本競泳陣でメダル第1号になった。孫楊(中国)が1分44秒93で2連覇を飾った。

 女子100メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミズノ)が1分6秒40の4位でメダルを逃した。男子100メートル背泳ぎは29歳の入江陵介(イトマン東進)が53秒22の6位。女子100メートル背泳ぎでは18歳の酒井夏海(スウィン美園)が59秒56の6位だった。

この記事は有料記事です。

残り2098文字(全文2423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです