メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 チェルシーVSバルサ 欧州の雄、日本で競演

【バルセロナ-チェルシー】前半、ボールを奪い合うバルセロナのグリーズマン(左)とチェルシーのダビドルイス=藤井達也撮影

 サッカーの国際親善試合「楽天カップ」が23日、埼玉スタジアムであり、イングランド・プレミアリーグのチェルシーとスペイン1部リーグのバルセロナが対戦。チェルシーが2-1で勝った。今夏にJ1鹿島からバルセロナに移籍した安部はベンチ入りしなかった。

 昨季プレミアリーグ3位で、欧州リーグを制したチェルシーと、スペイン1部リーグ2連覇中のバルセロナとの対戦。

 バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシら、両チームとも主力選手の一部は参加していないが、世界的強豪チーム同士の対戦を一目見ようと、スタジアムには多くの観客が駆けつけた。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです