メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

今、問うてみよう 福岡県行橋市・有松風花(大学生・21歳)

 著名な方が亡くなると、メディアはその方の生き様や功績を報道する。その素晴らしさを知る度に私は、その方の人生や残されたものに深く感動し、その方を尊敬したいと思い、また、以前よりもその方のことを好きになる。もうこの世にはいないというのに。

 死というものはその人の姿だけがなくなるということではないと気づく。その人がこの世界や周りの人々に与えていたもの全てがなくなるのだ。

 毎朝のおはようというあいさつもそうだ。小さなものから大きなものまで全てなくなってしまう。その人が日…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです