新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山田太郎氏(左)と山本太郎氏
山田太郎氏(左)と山本太郎氏

 21日投開票の参院選比例代表で、自民党の山田太郎氏が新潟県上越市(当日有権者数16万2805人)で獲得した票が82票と非常に少なかった。静岡県富士宮市では、山田太郎氏と、名前が一文字違いのれいわ新選組代表・山本太郎氏の票を取り違えていたことが発覚したが、上越市選挙管理委員会は取材に「開票作業は適正に行われた」とし、取り違えを否定した。

 県選管の公表資料によると、上越市で山田太郎氏が獲得したのは82.074票(案分含む)で得票率は0.09%。新潟県全体(0.75%)▽新潟市(0.97%)▽長岡市(0.85%)、などと比べて非常に低かった。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文515文字)

あわせて読みたい