メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WTO一般理事会、日韓の主張は平行線 半導体材料輸出規制

輸出規制強化を巡る日韓の立場

 世界貿易機関(WTO)の一般理事会が24日、スイス・ジュネーブで開かれ、日本による半導体材料の対韓輸出規制について議論した。韓国側は元徴用工問題に絡めた政治的な「不当」な輸出規制だとし、世界の貿易システムにも影響を与えかねないと主張。日本側は「WTO協定に整合した措置であり、論点のすり替えだ」と真っ向から反論した。主張は平行線をたどり、韓国側はWTOへの提訴も辞さない構えを示した。

 一般理事会は通常、ジュネーブ駐在の大使が出席するが、今回は韓国から通商政策通の金勝鎬(キムスンホ)…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです