メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」

【左】タレントの加藤浩次さん=尾籠章裕撮影【右】吉本興業ホールディングスの大崎洋会長=藤井太郎撮影

 吉本興業をめぐる騒動で、23日午後に大崎洋・吉本興業ホールディングス会長と約3時間にわたり話し合いの場を持った加藤浩次さんが、24日午前の日本テレビ「スッキリ」の冒頭で、その内容について説明した。

 加藤さんは、大崎会長が「自分の体制でなんとか吉本を変えていきたい」と話し、「改革案みたいのも聞いた」と明らかにした。それに対し加藤さんは「宮迫(博之)さんと(田村)亮の会見と、岡本(昭彦・吉本興業)社長との会見と、まだ、齟齬(そご)がある」として、「芸人側の意見として言ったが、やっぱりそこに、合致点がなかなか見つからなかった」と、話し合いは平行線に終わったと説明した。加藤さんは「今後も大崎会長との話し合いを続け、番組で伝えたい」と語った。【油井雅和】

 まず、こんな事態になっていることをおわびします。話して、大崎会長は、自分の体制でなんとか吉本を変えていきたいんだという話をされました。いろいろな改革案みたいのも聞かせていただきました。

 ただ、でも僕は番組で言った通り、現段階の取締役、経営陣を代わっていただかないと僕はやめるといったので、そこはいろんな話をしました。(田村)亮と宮迫さんの会見、あの会見と、岡本社長との会見と、まだ、齟齬がありますよ、という話もしました。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです