メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市、マンション認証制度導入へ 積立金不足などに対応

商業ビルとマンションが混在する神戸市中心部。市全体では約20万戸の分譲マンションがある=神戸市中央区で2019年7月24日午後4時7分、反橋希美撮影

 神戸市は24日、適正に管理されているマンションに「お墨付き」を与える認証制度の検討会を設置し、初会合を開いた。修繕積立金の不足などマンション特有の課題に対応し、持続可能性を高めるのが狙い。マンション管理会社や不動産関連団体などの意見を聞き、今年度中に制度設計を終える予定。

 管理組合に運営体制や管理規約の内容などを届け出てもらい、一定の水準に達したマンションを認証する仕組みを想定。届け出のインセンティブ(動機付け)を高めるため、認証の水準に至らない管理組合への支援策も検討する。

 近年、全国的に郊外の一戸建てから都心部のマンションを選ぶ人が増加。神戸市内でも中央区などでタワーマ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです