メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発の処理水、海洋放出に17年 専門家が試算

東京電力福島第1原発の敷地内に林立する処理水の貯蔵タンク=福島県で2018年7月17日、毎日新聞社ヘリから三留理男撮影

 廃炉作業中の東京電力福島第1原発にたまる汚染処理水を、仮に既存設備で海洋放出したら何年かかるか――。専門家がそんな試算をしたところ、約17年との結果が得られた。経済産業省は来月にも有識者小委員会で処理水の処分方法の議論を再開するが、専門家は「冷静かつ早急な議論に生かしてほしい」と話す。

 日本原子力学会で福島第1原発廃炉検討委員会の委員長を務める宮野広・法政大客員教授(原子力工学)が試算した。

 構内の設備は東日本大震災の津波と原発事故で大きな損傷を受けており、宮野氏は5、6号機に各3台あり稼…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文948文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  3. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. ORICON NEWS テレビ朝日入社5ヶ月の24歳・新入社員が超異例のスピードで演出デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです