メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校総体 20年夏の開催費が不足、ネットで寄付呼びかけ

 全国高校体育連盟(全国高体連)は24日、東北から九州の21府県で分散開催する2020年夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の開催経費が不足しているとして、初めてインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングを行うと発表した。期間は25日から10月23日までの約3カ月間で、目標額は4000万円。

 20年夏の大会は当初北関東各県を中心に実施予定だったが、東京五輪・パラリンピックの影響で競技会場や…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文410文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです