メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校総体 20年夏の開催費が不足、ネットで寄付呼びかけ

 全国高校体育連盟(全国高体連)は24日、東北から九州の21府県で分散開催する2020年夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の開催経費が不足しているとして、初めてインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングを行うと発表した。期間は25日から10月23日までの約3カ月間で、目標額は4000万円。

 20年夏の大会は当初北関東各県を中心に実施予定だったが、東京五輪・パラリンピックの影響で競技会場や選手らの宿泊施設の確保が困難となり、異例の広域開催を余儀なくされた。予算確保のために特別基金を設置したものの、目標の総額7億円を大幅に下回る約5000万円しか集まらず、資金不足が深刻化したという。

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです