連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

そのフライト、本当に必要?航空会社が電車の利用を促す理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
KLMオランダ航空の旅客機=AP
KLMオランダ航空の旅客機=AP

 気候変動問題への取り組みの一環として、航空券への環境税導入や飛行機利用のボイコットを呼びかける動きが欧州で広がっている。航空業界への逆風が強まる中、電車の利用を促す異例のキャンペーンを始める航空会社も出てきた。

フランスは航空便の利用に環境税を導入

 「いつも顔を合わせる必要がありますか?」「代わりに電車を使うことはできませんか?」。KLMオランダ航空は今年6月末、「フライ・レスポンシブリー」(責任ある飛行)キャンペーンを打ち出した。同社は「航空業界は持続可能からほど遠い」と認め、目的地が近い場合には温室効果ガス排出量の小さい電車の利用を呼びかけたり、ビデオ通話などを通して不要な移動を避けたりすることを消費者に提案した。

 日本の国土交通省の試算によると、旅客機の輸送量あたりの二酸化炭素(CO2)排出量は鉄道の約5倍。航空分野で排出される温室効果ガスは世界の総排出量の2%程度を占め、ドイツ一国の年間排出量に相当する。世界の航空会社が参加する業界団体は2020年までに航空分野の温室効果ガス排出量を頭打ちにする目標を掲げるが、人口増や格安航空の拡大に伴い増加傾向に歯止めはかかっていない。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1917文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集