メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

どうせ減るから……は問題あり? クルマの「タイヤ空気圧」を多めに入れる弊害とは

情報提供:カートップ

どうせ減るから……は問題あり? クルマの「タイヤ空気圧」を多めに入れる弊害とは

乗車人数によって指定空気圧が変わるクルマも存在

 クルマの性能を左右する最大の要素はタイヤだ。どんなにパワーがあるエンジンでもタイヤのグリップ性能を超えてしまえば空転するばかりで無駄になってしまうし、コーナリング性能においてもタイヤの影響はもっとも大きい。サスペンションチューニングといっても、本質的にはまずタイヤを決めて、その性能を引き出せるようセットアップしていくものだ。

 では、タイヤはサイズや銘柄が同一であれば同じ性能かといえばそうともいえない。空気圧の違いによってタイヤ自体の性能は変わってくる。サスペンション全体のセッティングにおいてもタイヤの空気圧は重要である。

空気圧

 そこまでシビアなレベルではなくとも、少なくとも自動車メーカーが指定する規定の空気圧を保つことは、設計値どおりのパフォーマンスを引き出すための最低条件といえる。そうした「指定空気圧」は、運転席のドアを開けたところやフューエルリッドの裏などに記されており、こまめに確認すべき重要な整備項目といえる。

 とはいえ、タイヤに空気を入れるというのは意外に面倒なもので、燃料給油のタイミングで確認するくらいというユーザーがほとんどだろう。理想をいえば週に1回は確認したいが、通常は月に1回程度のエアチェックで規定の範囲内に収まることが多い。

空気圧

 また、指定空気圧というのはクルマによって異なっている。同じタイヤサイズでもミニバンでは240kPa、コンパクトカーでは220kPaとなっているケースもある。輸入車のなかには乗車人数によって指定空気圧が変わってくることもある。こうした違いは車重などに由来するもので、それなりにシビアに決められているのだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです