メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

数多の声を織り込んで=和合亮一(詩人)

7月

唄うたってる声が聴こえてきましたよ。

潰れた家の下から。

助けを求めていたんではなかろうかなと思いました。

 津波の被害の大きかった福島県いわき市平豊間の海辺の丘にて「千度大祓」という儀式が行われた。百人の神職者が一斉に「大祓」の言葉を捧(ささ)げる。今年で九回目だ。手を合わせたいと思い参列した。一時間近く、共に唱えさせていただいた。雨が降る静かな太平洋が見えた。新しい家が少しずつ建っている様子が見渡せた。数多(あまた)の声の中に歳月の祈りを感じた。

 佐々木幹郎の新詩集『鏡の上を走りながら』(思潮社)を読んだばかりだ。「海の底がみんな見えたんですね…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです