メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
詩の橋を渡って

数多の声を織り込んで=和合亮一(詩人)

7月

唄うたってる声が聴こえてきましたよ。

潰れた家の下から。

助けを求めていたんではなかろうかなと思いました。

 津波の被害の大きかった福島県いわき市平豊間の海辺の丘にて「千度大祓」という儀式が行われた。百人の神職者が一斉に「大祓」の言葉を捧(ささ)げる。今年で九回目だ。手を合わせたいと思い参列した。一時間近く、共に唱えさせていただいた。雨が降る静かな太平洋が見えた。新しい家が少しずつ建っている様子が見渡せた。数多(あまた)の声の中に歳月の祈りを感じた。

 佐々木幹郎の新詩集『鏡の上を走りながら』(思潮社)を読んだばかりだ。「海の底がみんな見えたんですね…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1309文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです