メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

卒寿 遠藤枝芳書作展 かなの世界、幅広い魅力

 「卒寿 遠藤枝芳書作展-三十六人家集と伊勢-」(28日まで、東京銀座画廊・美術館)は、「書道人生六十五年の総決算」であり、長年の鍛錬の成果を問い掛ける構成となっている。

 遠藤さんは1928年、静岡県富士市生まれ。西谷卯木さん、宇野雪村さん、小山やす子さんらに師事。2010年、第62回毎日書道展文部科学大臣賞受賞。毎日書道展参与会員。松心会主宰。

 年齢を重ねて、ますます気力に満ちあふれ、テーマに掲げられた日本の古典文学の真ん中へ、臆することなく…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文888文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです