メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマ

9月以降、出没多発か ブナの実、大凶作の見通し 6月捕獲数は過去10年平均の2.5倍 /秋田

県が北秋田市阿仁地区の山林に設置したカメラに映った親子とみられるツキノワグマ=県自然保護課提供

 今年は県内でブナの実が凶作となりそうだ。10月ごろにピークを迎えるブナの実はツキノワグマにとって貴重な栄養源。例年、9月以降の山林はドングリなどエサが豊富にあるため里でのクマの目撃件数は少なくなるが、ブナの実が凶作となれば事情は別。関係者からは「腹をすかして里に下りてくるのでは」と懸念の声が上がる。【中村聡也】

 ブナの実は100グラムでコメ2~3杯分の栄養が摂取できるとされ、クマの好物といわれる。しかし、前年…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1212文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです