メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東武ワールドスクウェア

新登場 タイの寺院、忠実に /栃木

完成した「ワット・アルン」のミニチュア=東武ワールドスクウェア提供

 日光市のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」に、高さ約75メートルの大仏塔がそびえるタイ・バンコクの寺院「ワット・アルン」のミニチュアが完成した。25分の1でも高さが2・7メートルあり、仏塔や彫刻、外壁のモザイク模様を忠実に再現し、厳かな姿で観光客を出迎えている。

 同園によると、近年は東南アジアからの入園者が増加傾向にあり、誘客拡大につなげようと初めてタイの建造物を取り上げ、約2億円を投じて整備した。

 ワット・アルンはバンコクの三大寺院に数えられ、寺院の大小五つの仏塔はバンコクを代表する風景として親しまれている。「暁の寺」とも呼ばれ、三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台としても知られる。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです