メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐんまの選択

2019知事選、参院選 検証/上 自民「1区問題」再燃も 新知事と県連、微妙な距離 /群馬

告示日に山本一太氏の事務所であいさつする中曽根康隆氏(手前左)=4日

 元参院議員の山本一太・新知事の突然の知事選へのくら替え表明とともに混乱で始まった今回のダブル選挙。ふたを開けてみれば、知事選、参院選とも自民系候補の勝利に終わり、自民県連が面目を躍如した。だが「火種」はくすぶる。2021年秋までに必ず実施される衆院解散・総選挙での群馬1区党公認問題だ。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです