メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐんまの選択

2019知事選、参院選 検証/上 自民「1区問題」再燃も 新知事と県連、微妙な距離 /群馬

告示日に山本一太氏の事務所であいさつする中曽根康隆氏(手前左)=4日

 元参院議員の山本一太・新知事の突然の知事選へのくら替え表明とともに混乱で始まった今回のダブル選挙。ふたを開けてみれば、知事選、参院選とも自民系候補の勝利に終わり、自民県連が面目を躍如した。だが「火種」はくすぶる。2021年秋までに必ず実施される衆院解散・総選挙での群馬1区党公認問題だ。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです