参院選

比例代表開票で松阪市選管ミス 当落に影響せず /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県選挙管理委員会は24日、松阪市選管の担当した参院選比例代表の開票結果の一部に誤りがあったと発表した。両選管によると、同市選管が投票者総数を実際より48人少なく県選管に報告していたことと、40人分の無効票を見落として計上しなかったという2点のミス。有効投票数と当落に影響はないという。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集