メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祇園祭2019

真夏スタート 山鉾彩る後祭 /京都

御池通を進む山鉾=京都市中京区で、川平愛撮影

 祇園祭の終盤の山場となる後祭(あとまつり)の山鉾(やまほこ)巡行があった24日、近畿地方の梅雨明けが発表されて京都市中心部も好天に恵まれ、午前11時の気温が31.2度まで上昇した。3万3000人(午前11時半現在、府警発表)の観衆が静かな雰囲気の中、創始1150年の歴史の重みを感じさせる改元後初の伝統行事を見つめた。

 各山鉾町では早朝から大勢の住民が出てご神体や懸装(けそう)品の飾り付けに追われ、準備が整うと山鉾が…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです