メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

日本一の酒造好適米をPR 山田錦発祥のまち・多可 兵庫県多可町

多可町産山田錦を使った純米酒=兵庫県多可町の道の駅「山田錦発祥のまち・多可」で、桜井由紀治撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 施設は元々「まちの駅」として営業していたが、2015年に「道の駅」に登録された際、多可町で生まれた日本一の酒造好適米をPRしようと今の名前になった。

 「町には三つ誇れるものがあります」と施設長の藤井英延さん(70)。山田錦の他に、手すき和紙「杉原紙」、さらに旧野間谷村の「敬老会」が起源とされる「敬老の日」の発祥の地ということだ。

 売り場面積98平方メートルと「県内一小さな駅」(藤井さん)ながら、地元農家と契約する金沢市の酒蔵が…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです