補助犬

「救急の味方」 明石で搬送研修に同乗 隊員ら落ち着いた姿に感心 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
救急車に同乗する模擬研修に参加した盲導犬=兵庫県明石市藤江で、浜本年弘撮影
救急車に同乗する模擬研修に参加した盲導犬=兵庫県明石市藤江で、浜本年弘撮影

 明石市は、身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)が救急車に同乗するケースを想定した模擬研修を市防災センターで実施した。市消防署の救急隊員らは、サイレンの音が鳴り響いたり、車内で盲導犬利用者に心肺蘇生を施したりしても、ほえずにおとなしくしている盲導犬の姿に感心した様子だった。

 今年4月に東京都内で、患者に付き添うため、視覚障害のある家族が盲導犬を同伴しようとしたところ、東京消防庁の職員から救急…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集