メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

セルビア・バレーチームホストタウン 防府でカウントダウン開始 駅構内のボード除幕式 /山口

JR防府駅に登場したカウントダウンボードとセルビー(右)

 東京五輪開幕まで1年となった24日、セルビアのホストタウンとして同国の男女バレーボールチームを受け入れる防府市のJR防府駅構内に、残り日数を示すカウントダウンボードが登場した。

 ボードは高さ2・2メートル、幅2・6メートル。セルビア国旗をイメージしたデザインで、女子チームの身長193センチのエース…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです