メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島の小学生、糸島で地引き網体験 力合わせ「よいしょ」 /福岡

「重い、重い」。獲れた魚を手にする新地町の小学生

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県新地町の小学5、6年生計18人が、糸島市志摩新町の海岸で地元ボランティアと一緒に地引き網漁を体験し、梅雨明けした九州の夏を楽しんだ。

 生活共同組合のコープおおいた(大分市)やエフコープ(篠栗町)などが「ふくしまっ子応援プロジェクト」として、津波や原発事故の影響…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです