メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会を明るくする運動

推進大会 再犯防止や更生支援 豊前市 /福岡

推進大会で作文を読み上げる竹本さん

 犯罪、非行の防止や更生を支援する「社会を明るくする運動」の推進大会が24日、豊前市の市民会館であり、関係機関などから約250人が参加した。同運動は法務省の提唱で1951年に始まり、7月が強調月間。大会は豊築保護区保護司会が共催した。

 福岡保護観察所の百崎美宏北九州支部長は「再犯を減らすことが重要。そのためには罪を犯した人たちを排除、孤立させる…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです