メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時「患者支援アプリ」

佐賀大開発 薬調達や安否情報など集約 運用確立し「全国へ広めたい」 /佐賀

佐賀市の講演会でアプリを紹介する三池副センター長

熊本地震教訓に まず糖尿病患者向け開始へ

 佐賀大医学部付属病院・高度救命救急センターの阪本雄一郎センター長らは、災害時に薬の調達や体調維持が難しい患者の情報をスマートフォンで集約・分析できる無料アプリを開発した。従来は災害弱者の発見に手間取り、日々の服薬や注射が欠かせない糖尿病患者らに早期の薬剤提供ができないこともあったという。三池徹副センター長は「アプリを使った災害支援を佐賀で確立させ、九州、全国へと広めたい」と意気込む。【竹林静】

 最大震度7を2度観測した2016年4月の熊本地震。災害医療で中心的役割を担う「災害拠点病院」の熊本…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです