メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

暴力団が愛国者か=坂東賢治

 <moku-go>

 芸能界と反社会的勢力の関係が取りざたされてきたのは日本だけではない。映画産業が盛んな香港でも「三合会(トライアド)」と総称される暴力団と映画人との関係が問題化してきた。

 1985年には日本の暴力団が香港からハワイに麻薬を密輸し、その代金で米国から武器を購入しようとした事件で暴力団「14K」の構成員とされる香港のカンフー映画スターが逮捕された。

 香港の有力な映画会社も暴力団との密接な関係が指摘されてきた。「三合会」を題材にした香港映画も多い。中でも映画界に強い影響力を持つと言われた暴力団が「新義安」だ。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです